携帯電話しか記載していない消費者金融には注意が必要

携帯電話だけ=闇金の可能性が高い

貸金業者を見ると、連絡先の番号がどこかに記載されているはずです。その電話番号で携帯電話のものしか記載のない業者は、闇金業者の可能性が高いと思った方がいいです。

というのも貸金業法の中で、登録申請をするにあたって営業所の電話番号を記載しなければならないと書かれているからです。携帯電話だけで貸金業を営むことはできません。携帯電話だけで営業しているところは無登録で、その時点で違法なのです。

登録番号が記載されているかどうか

貸金業者として営業するためには、登録申請しなければなりません。そして登録していると番号が交付されます。正式に登録した業者であることを証明するために、消費者金融のホームページやパンフレットにこの番号が記載されているはずです。もしどこを見てもそのような番号が記載されていない場合、闇金業者の可能性が高いです。

しかし中には登録していないのにいい加減な番号を記載して、いかにも正規の業者に成りすましている闇金もあります。そのような場合には金融庁のホームページで「登録貸金業者情報検索サービス」があります。

ここに登録番号と業者の名称などを記載すると、本当にそのような登録があるかどうか検索してくれます。もし番号を入力したところ「該当なし」と表示されれば、そこは無登録業者、すなわち闇金業者と判別できます。このように少しの労力を惜しまなければ、闇金業者に引っかかるリスクはだいぶ低減できるわけです。